其の位に在らざれば、其の政を謀らず

子曰、不在其位、不謀其政、

子の曰わく、其の位に在らざれば、其の政(まつりごと)を謀らず。

現代語訳

先生がおっしゃった。その地位にあるのでなければ、その政務に口出ししないことだ。

泰伯第八第十四章に既出。

前の章「キョ伯玉、人を孔子に使いせしむ」|次の章「君子は思うこと其の位を出ず

現代語訳・朗読:左大臣光永