公叔文子の臣、大夫セン、文子と同じく公に升る

公叔文子之臣大夫僎、與文子同升諸公、子聞之曰、可以爲文矣、

公叔文子(こうしゅくぶんし)の臣、大夫僎(せん)、文子と同じく公に升(のぼ)る。子これを聞きて曰わく、以て文と為すべし。

現代語訳

衛の大夫公叔文子の臣下、大夫僎は、文子に推薦により文子と同じ大夫となり朝廷に登った。先生がこれを聞いておっしゃった。「なるほど公叔文子は文子というよいおくり名がぴったりだね」

語句

■公叔文子 衛の大夫。名は発。文子はおくり名。 ■大夫僎 詳細不明。 ■公に升(のぼ)る 朝廷に登る。

前の章「管仲は仁者に非ざるか」|次の章「子、衛の霊公の無道なるを言う

現代語訳・朗読:左大臣光永