臧武仲、防を以て魯に後たらんことを求む

子曰、臧武仲、以防求爲後於魯、雖曰不要君、吾不信也、

子の曰わく、臧武仲、防を以て魯に後たらんことを求む。君を要せずと曰うと雖ども、吾れは信ぜざるなり。

現代語訳

先生がおっしゃった。臧武仲は罪によって魯の国を追われたが、自分の領土「防」に立てこもって、家が断絶されるなら反乱をおこすと匂わせた。君にお願いしたのであって強要したのではないと言っても、私はそんなこと信じない。(君に脅しをかけたのだから、許し難い罪である)

語句

■臧武仲 魯の臣。罪によって魯の国を追われたが、自分の領地「防」に立てこもって、魯の君にわが家が断絶されるなら防で反乱を起こすとにおわせた。『春秋左氏伝』襄公二十三年。 ■防 地名。臧武仲の領地。 ■要す 強要する。

前の章「子、公叔文子を公明賈に問いて曰わく」|次の章「晋の文公は、譎りて正しからず。斉の桓公は正しくして譎らず

現代語訳・朗読:左大臣光永