子路、成人を問う

子路問成人、子曰、若臧武仲之知、公綽之不欲、卞莊子之勇、冉求之藝、文之以禮樂、亦可以爲成人矣、曰、今之成人者、何必然、見利思義、見危授命、久要不忘平生之言、亦可以爲成人矣、

子路、成人を問う、子の曰わく、臧武仲(ぞうぶちゅう)の知、公綽(こうしゃく)の不欲、卞莊子(べんそうし)の勇、冉求の芸の若(ごと)き、これを文(かざ)るに礼楽を以てせば、亦た以て成人と為すべし。曰わく、今の成人は、何ぞ必らずしも然らん。利を見ては義を思い、危うきを見ては命を授く。久要、平生の言を忘れざる、亦た以て成人と為すべし。

現代語訳

子路が完成した人物というものについて質問した。先生がおっしゃった。臧武仲(ぞうぶちゅう)の知恵、孟公綽の欲の無さ、卞莊子の芸のようなものがあり、これに礼楽をもって飾れば、そういう人は感性した人物といえるだろう。

またおっしゃった。今の世の完成した人物は、必ずしもこうではない。利益になることを見ては、そのことが義に沿っているかを思い、危険を前にわが命をささげ、古い約束についても昔の言葉を忘れない。こういう人は完成した人物といえるだろう。

語句

■成人 完成された人間。 ■臧武仲 以下四人はすべて魯の人。冉求は孔子の門人。臧武仲は当時成人と言われた。背が低かった。 ■公綽 孟公綽。Ma href="rongo14_12.html">憲門第十四・十二。■卞莊子 卞という土地の大夫。虎殺しで有名。 ■冉求 孔子の門人。 ■久要 古い約束。 ■平生 昔。

前の章「孟公綽、趙魏の老と為(な)れば」|次の章「子、公叔文子を公明賈に問いて曰わく

現代語訳・朗読:左大臣光永