孟公綽、趙魏の老と為(な)れば

子曰、孟公綽爲趙魏老則優、不可以爲滕薛大夫也、

子の曰わく、孟公綽(もうこうしゃく)、趙魏(ちょうぎ)の老と為(な)れば、則ち優。以て滕薛(とうへき)の大夫(たいふ)と為すべからず。

現代語訳

先生がおっしゃった。魯の大夫孟公綽は趙や魏といった大家でも、家老をつとめるに十分の資質がある。しかし、滕(とう)や薛(せつ)といった小国の大夫でも、孟公綽には勤まらない。(大夫は位が高いだけでなく実務が多いからである。孟公綽は実務を処理する能力に欠けており、そんな孟公綽を大夫にすえている魯の人事はおかしい)

語句

■孟公綽 魯の大夫。 ■趙魏 大国晋の大家で、後に晋を滅ぼす。 ■老 家老。家臣のうちもっとも偉いもの。 ■優 十分であること。 ■滕薛 小国。 ■大夫 国政をつかさどる役職。位も高く役割も重い。

前の章「貧しくして怨むこと無きは難く、富みて驕ること無きは易し」|次の章「子路、成人を問う

現代語訳・朗読:左大臣光永