貧しくして怨むこと無きは難く、富みて驕ること無きは易し

子曰、貧而無怨難、富而無驕易、

子の曰わく、貧しくして怨むこと無きは難く、富みて驕ること無きは易し。

現代語訳

先生がおっしゃった。貧しい境遇にありながら他人や世の中を恨まないことは、難しい。一方、金持ちで驕りたかぶらないのは、少し自制心を働かせるだけなので、たやすい。

前の章「或るひと子産、子西、管仲を問う」|次の章「孟公綽、趙魏の老と為(な)れば

現代語訳・朗読:左大臣光永