ゲイは射を善くし、ゴウは舟を盪かす

南宮适。問於孔子曰。羿善射。奡盪舟。倶不得其死然。禹稷躬稼而有天下。夫子不答。南宮适出。子曰。君子哉若人。尚徳哉若人。

南宮适(なんきゅうかつ)、孔子に問いて曰わく、羿(げい)は射を善くし、奡(ごう)は舟を盪(うご)かす。倶に其の死を得ず。禹(う)と稷(しょく)とは躬(みずか)ら稼(か)して天下を有(たも)つ。夫子答えず。南宮适出ず。子の曰わく、君子なるかな、若(かくのごと)き人。徳を尚(たっと)べるかな、若(かくのごと)き人。

現代語訳

南宮适(なんきゅうかつ)が孔子に質問して言った。「いにしえの羿(げい)は弓矢の名手であり、奡(ごう)は舟を地上に押しやるほどの力持ちでした。しかしどちらも敵に殺され、その最期は悲痛でした。一方、夏王朝を開いた禹と稷は、みずから耕して天下を保ちました。(そのように、天下を治めるのは武力でなく、徳によるべきなのです。先生は、それを実行しておられるのですね)」

先生はお答えにならなかった。南宮适が退場した。先生がおっしゃった。君子だね。このような人は。徳を貴ぶことだよ、このような人は。

語句

■南宮适 孔子の門人南容。 ■羿 夏の時代の諸侯。有キュウ国の君。弓の名人。夏の天子相を滅ぼして天子の位についたが、相の臣下の寒ソクに滅ぼされた。 ■奡 寒ソクの子で地上に舟を押しやるほどの力があったが、後に相の息子小康に滅ぼされた。 ■盪かす 押しやる。 ■死を得ず 満足な死に方をしなかった。羿も奡も殺された。 ■禹 夏朝の創始者。舜の譲りを受けて天子となった。 ■稼す 耕す。

前の章「徳ある者は必らず言あり。言ある者は必らずしも徳あらず」|次の章「君子にして不仁なる者あらんか

現代語訳・朗読:左大臣光永