徳ある者は必らず言あり。言ある者は必らずしも徳あらず

子曰、有徳者必有言、有言者不必有徳、仁者必有勇、勇者不必有仁、

子の曰わく、徳ある者は必らず言あり。言ある者は必らずしも徳あらず。仁者は必らず勇あり。勇者は必らずしも仁あらず。

現代語訳

先生がおっしゃった。徳のある者は必ずよい発言をする。(内面の徳が言葉となって表に出るからである)。しかしよい発言をする者が必ずしも徳のある者とは限らない。(口先ばかり達者な者かもしれない)また、仁ある者は(その仁を勇敢に実行しようとして迷いが無いから)勇敢になる。しかし勇敢な者が必ずしも仁ある者とは限らない。(単に血気さかんなだけかもしれない)表面だけを見ていては、わからない。

前の章「邦に道あれば、言を危しくし行を危しくす」|次の章「ゲイは射を善くし、ゴウは舟を盪かす

現代語訳・朗読:左大臣光永