士にして居を懐うは、以て士と為すに足らず

子曰、士而懐居、不足以爲士矣、

子の曰わく、士にして居を懐(おも)うは、以て士と為すに足らず。

現代語訳

先生がおっしゃった。士でありながら安住の地を求めるのは、そういう者は士とするには足りない。

語句

■士 人の上に立つ立派な人物。

前の章「克・伐・怨・欲、行なわれざる」|次の章「邦に道あれば、言を危しくし行を危しくす

現代語訳・朗読:左大臣光永