克・伐・怨・欲、行なわれざる

克伐怨欲不行焉、可以爲仁矣、子曰、可以爲難矣、仁則吾不知也、

克・伐・怨・欲、行なわれざる、以て仁と為すべし。子の曰わく、以て難しと為すべし。仁は則ち吾れ知らざるなり。

現代語訳

「克(勝ち誇ること)・伐(自慢)・怨(怨み妬み)・欲(欲望・貪り)これらが制止できれば、それを仁といいましょうか」

先生がおっしゃった。「それらを制止するのは確かに難しい。しかしそれらを制止したところで、それを仁と言うか、私にはわからない」(仁とは正しい道理が内面から湧き出して自然にそのような悪い考えが消え去るのであり、無理に抑え込む、というのとは違う)

前の章「邦に道なきに穀するは、恥なり」|次の章「士にして居を懐うは、以て士と為すに足らず

現代語訳・朗読:左大臣光永