邦に道なきに穀するは、恥なり

憲問恥、子曰、邦有道穀、邦無道穀、恥也、

憲、恥を問う。子の曰わく、邦に道あれば穀す。邦に満ちなきに穀するは、恥なり。

現代語訳

原憲が恥について質問した。「国に道あれば俸禄をもらって国に仕える。国に道が無いのに俸禄をもらって仕えているのは恥である」

語句

■原憲 孔子の門人。姓は原。名は憲。字は子思。 ■穀 俸禄をもらうこと。

前の章「教えざる民を以て戦う、是れこれを棄つと謂う」|次の章「克・伐・怨・欲、行なわれざる

現代語訳・朗読:左大臣光永