君子は泰にして驕らず、小人は驕りて泰ならず

子曰、君子泰而不驕、小人驕而不泰、

子の曰わく、君子は泰(ゆたか)にして驕らず、小人は驕りて泰ならず。

現代語訳

先生がおっしゃった。君子は落ち着いていて威張らないが、小人は威張って落ち着きがない。(君子は心に省みてやましい所が無いので落ち着いていられる。小人は心に省みてやましいことだらけなので、落ち着かず、外面をつくろうために威張り散らすことになる)

語句

■泰 落ち着てゆったりしていること。心にやましいことが無いため、落ち着いていられるのである。 ■驕 いばる。たかぶる。

前の章「君子は事え易くして説ばしめ難し」|次の章「剛毅木訥、仁に近し

現代語訳・朗読:左大臣光永