君子は事え易くして説ばしめ難し

子曰、君子易事而難説也、説之不以道、不説也、及其使人也、器之、小人難事而易説也、説之雖不以道、説也、及其使人也、求備焉、

子の曰わく、君子は事(つか)え易くして説(よろこ)ばしめ難し。これを説(よろこ)ばしむるに道を以てせざれば、説ばざるなり。其の人を使うに及びては、これを器にす。小人は事(つか)え難くして説ばしめ易し。これを説ばしむるむに道を以てせずと雖ども、説ぶなり。其の人を使うに及びては、備わらんことを求む。

現代語訳

先生がおっしゃった。君子は仕えやすく、よろこばせ難い。君子を喜ばせるには道をもって喜ばせないと、単なるこびへつらいでは喜ばない。だから君子を喜ばせるのは難しいのだ。また君子が人を使う時は適材適所、その人の才能や能力にあった使い方をするから、君子には仕え易いのだ。

小人は仕え難く喜ばせやすい。小人を喜ばせるのに道による必要はなく、ただこびへつらえば、喜ぶ。だから小人を喜ばせるのはたやすい。また小人が人を使うのに適材適所の考えはなく、何でも一人の人間に要求するから、小人に仕えるのは難しいのだ。

語句

■器 その人の才能や器量によって使い分けること。 ■備わらんこと

前の章「善き者はこれを好し、其の善ならざる者はこれを悪まんには如かざるなり」|次の章「君子は泰にして驕らず、小人は驕りて泰ならず

現代語訳・朗読:左大臣光永