善き者はこれを好し、其の善ならざる者はこれを悪まんには如かざるなり

子貢問曰、郷人皆好之、何如、子曰、未可也、郷人皆惡之、何如、子曰、未可也、不如郷人之善者好之、其不善者惡之、

子貢問いて曰わく、郷人皆なこれを好(よみ)せば何如。子の曰わく、未だ可ならざるなり。郷人皆なこれを悪(にく)まば何如。子の曰わく、未だ可ならざるなり。郷人の善き者はこれを好し、其の善ならざる者はこれを悪まんには如かざるなり。

現代語訳

子貢が質問して言った。土地の人がある人を全員が好めばどうでしょうか(そういう人は仁と言えるでしょうか)。

先生がおっしゃった。「まだ十分とはいえない」

「土地の人がみなその人を憎めば、どうでしょうか」

先生がおっしゃった。「まだ十分とはいえない。土地にいる善い者は彼を好み、悪い者は彼を憎むならば、それ以上のことは無い」

前の章「和して同ぜず」|次の章「君子は事え易くして説ばしめ難し

現代語訳・朗読:左大臣光永