中行を得てこれに与せずんば、必らずや狂狷か

子曰、不得中行而與之、必也狂狷乎、狂者進取、狷者有所不爲也、

子の曰わく、中行を得てこれに与(くみ)せずんば、必らずや狂狷か。狂者は進みて取り、狷者は為さざる所あり。

現代語訳

先生がおっしゃった。私は中庸を行う人を見つけてその人に教えたいが、もしそれが叶わないなら、せめて志が高すぎる人か、控えめすぎる人を求めたい。志が高すぎる人は積極的に進んで取りに来るし、控えめすぎる人は少なくとも不善を為すことは無いだろうから。

語句

■中行 中庸を行う者。 ■これに与す 道を伝える。交際する。 ■狂者 志が高い人。 ■狷者 控え目でつつましい人。 ■為さざる所あり 不善を行わない。

前の章「如何なるをか斯れを士と謂うべき」|次の章「人にして恒なくんば、以て巫医を作すべからず

現代語訳・朗読:左大臣光永