善人、邦を為むること百年、亦た以て残に勝ちて殺を去るべし

子曰、善人爲邦百年、亦可以勝殘去殺矣、誠哉是言也、

子の曰わく、善人、邦(くに)を為(おさ)むること百年、亦た以て残(ざん)に勝ちて殺(さつ)を去るべしと。誠なるかな、是の言や。

現代語訳

先生がおっしゃった。善人が百年も国を治めれば、民衆が善の心に感化されて、非道を行う者はなくなり、死刑を廃止することもできる。本当だよ。この言葉は。

語句

■善人 修行したのではなく生まれつき善の心を持っている人。これに対し「聖人」は生まれつきの素養に加えて修行によって徳が完成した人。 ■残 残暴。非道を行う者。 ■殺 死刑。

前の章「苟くも我れを用うる者あらば」|次の章「如し王者あるも、必らず世にして後に仁ならん

現代語訳・朗読:左大臣光永