苟くも我れを用うる者あらば

子曰、苟有用我者、期月而已可也、三年有成、

子の曰わく、苟(いやし)くも我れを用うる者あらば、期月のみにして可ならん。三年にして成すこと有らん。

現代語訳

先生がおっしゃった。もし私を国政に用いる者があれば、一年あれば十分ではないが一定の成果が上がるだろう。三年もあれば十分な成果が実るだろう。

語句

■苟(いやし)くも もし。仮定。孔子は用いられないことを嘆いている。 ■期月 一年。
■可 じゅうぶんではないが一定の成果が上がった状態。

前の章「子、衛に適く。冉有僕たり」|次の章「善人、邦を為むること百年、亦た以て残に勝ちて殺を去るべし

現代語訳・朗読:左大臣光永