詩三百を誦し、これに授くるに政を以てして達せず

子曰、誦詩三百、授之以政不達、使於四方、不能專對、雖多亦奚以爲、

子の曰わく、詩三百を誦(しょう)し、これに授くるに政を以てして達せず、四方に使いして専(ひと)り対(こた)うること能(あた)わざれば、多しと雖ども亦た奚(なに)を以て為さん。

現代語訳

先生がおっしゃった。『詩編』三百篇を暗誦していても、これに政治を行わせるとまるでうまくいかず、四方の諸国に使いを任せても一人で対応することができないなら、たとえ三百編もの多くの詩を暗誦していたところで、そんなことは何の役にも立たない。

前の章「樊遅、稼を学ばんと請う」|次の章「其の身正しければ、令せざれども行なわる

現代語訳・朗読:左大臣光永