君子の徳は風なり、小人の徳は草なり

季康子問政於孔子曰、如殺無道、以就有道、何如、孔子對曰、子爲政、焉用殺、子欲善而民善矣、君子之徳風、小人之徳草、草上之風必偃、

季康子、政を孔子に問いて曰わく、如し無動を殺して以て有道に就かば、何如(いかん)。孔子対えて曰わく、子、政治を為すに、焉(な)んぞ殺を用いん。子、善を欲すれば、民善ならん。君子の徳は風なり、小人の徳は草なり。草、これに風を上(くわ)うれば、必らず偃す。

現代語訳

季康子が政治について孔子に質問した。「もし道にはずれた者を殺して世の中を道にそったよい在り方に向かわせたら、どうでしょうか」

孔子が答えておっしゃった。「あなたね、政治を行うのにどうして殺すんですか。あなたが善い行いをしようとされるなら、民も善くなります。君子の徳は風です。小人の徳は草です。草はその上に風が加われば、必ずなびきます。

語句

■無動 道に外れた者。 ■有道 道にそった正しい在り方。

前の章「苟くも子の不欲ならば、これを賞すと雖ども窃まざらん」|次の章「聞と達

現代語訳・朗読:左大臣光永