苟くも子の不欲ならば、これを賞すと雖ども窃まざらん

季康子患盜、問於孔子、孔子對曰、苟子之不欲、雖賞之不竊、

季康子、盗(とう)を患(うれ)えて孔子に問う。孔子対(こた)えて曰わく、苟(いやし)くも子の不欲ならば、これを賞すと雖ども窃(ぬす)まざらん。

現代語訳

季康子が国中に泥棒が多いことを心配して、孔子に質問した。孔子が答えておっしゃった。「もしあなたご自身に欲が無いなら、懸賞を出すといっても盗みを働く者はいないでしょう」

(この時季康子は魯の政権を奪い、嫡男の位を奪っていたので、孔子はこれを非難するつもりで言ったのである)

前の章「政とは正なり」|次の章「君子の徳は風なり、小人の徳は草なり

現代語訳・朗読:左大臣光永