これに居りては倦むこと無く、これを行うには忠を以てす

子張問政、子曰、居之無倦、行之以忠、

子張、政を問う。子の曰わく、これに居りては倦むこと無く、これを行うには忠を以てす。

現代語訳

子張が政治の行い方について質問した。先生がおっしゃった。位にある時は倦むことなく、実際に政治を民の上に行うにあたっては、真心をもって行うことだ。

語句

■これに居りて 位については。「これを居(お)きて」と読んで「心に留める」と解することも。

前の章「必らずや訴え無からしめんか」|次の章「博く文を学びて、これを約するに礼を以てせば

現代語訳・朗読:左大臣光永