文は猶お質のごときなり

棘子成曰、君子質而已矣、何以文爲、子貢曰、惜乎、夫子之説君子也、駟不及舌、文猶質也、質猶文也、虎豹之鞟、猶犬羊之鞟、

棘子成が曰わく、君子は質のみ。何ぞ文を以て為さん。子貢が曰わく、惜しいかな、夫(か)の子(し)の君子を説くや。駟(し)も舌に及ばず。文は猶お質のごときなり、質は猶お文のごときなり。虎豹の鞟は猶お犬羊の鞟のごときなり。

現代語訳

棘子成 が言った。「君子は中身のみが大事だ。どうして装飾しようとするのか」

子貢が言った。「惜しいですね。あなたが君子を説くことは。四頭立ての馬車も舌をおいかけて止めることはできません。一度言った発言は取り返しがつかないのです。装飾も中身のようなものであり中身も装飾のようなものであり、どちらも大事です。虎や豹の皮が中身だとすると、それを覆っている毛が装飾です。ここで毛を刈り取ってしまって皮だけにしたら、虎や豹の皮も、犬や羊の皮と見分けがつかなくなってしまいます。そんなふうに、中身も装飾も、どちらも大事なのですよ」

文質彬彬として然る後に君子なり

語句

■棘子成 衛の大夫。当時、文(装飾)ばかりが重んじられる風潮を憂えていた。 ■質 仁義礼智などの徳。本質的なところ。内面。 ■文 装飾。みかけ。 ■鞟 皮。

前の章「子貢、政を問う」|次の章「百姓足らば、君孰と与にか足らざらん

現代語訳・朗読:左大臣光永