君子は憂えず、懼れず

司馬牛問君子、子曰、君子不憂不懼、曰、不憂不懼、斯謂之君子已乎、子曰、内省不疚、夫何憂何懼、

司馬牛、君子を問う。子の曰わく、君子は憂えず、懼(おそ)れず。曰わく、憂えず、懼れず、斯(こ)れこれを君子と謂うべきか。子の曰わく、内に省みて疚(やま)しからずんば、夫(そ)れ名にをか憂え何をか懼れん。

現代語訳

司馬牛が君子について質問した。先生がおっしゃった。「君子は何かまずいことが起こるかもしれないなどと心配しないし、いざまずいことが起こっても恐れない」

司馬牛が言った。「では、心配せず恐れもしないなら、そういう者を君子といいますか」

先生がおっしゃった。「自分の心の中に省みてやましい所が無いなら、何を心配し何を恐れるというのかね」

語句

■司馬牛 孔子の門人。姓は司馬。名は耕(こう)または犁(り)。字は子牛。 

前の章「仁者は其の言や訒」|次の章「人と恭しくして礼あらば、死海の内は皆な兄弟たり

現代語訳・朗読:左大臣光永