仁者は其の言や訒

司馬牛問仁、子曰、仁者其言也訒、曰、其言也訒、斯謂之仁已乎、子曰、爲之難、言之得無訒乎、

司馬牛、仁を問う。子の曰わく、仁者は其の言や訒(じん)。曰わく、其の言や訒、斯(こ)れこれを仁と謂うべきか。子の曰わく、これを為すこと難し。これを言うに訒なること無きを得んや。

現代語訳

司馬牛が仁について質問した。先生がおっしゃった。「仁ある者は、その言葉たるや慎み深く、慎重である」

司馬牛が言った。「では、言葉が慎み深く慎重なら、これを仁というべきでしょうか」

先生がおっしゃった。「もし実行するのが難しいことなら、それを発言するのにもつつしみ深く、慎重にならざるを得ないではないか」

語句

■司馬牛 孔子の門人。姓は司馬。名は耕(こう)または犁(り)。字は子牛。 ■訒 つつしみ深く、軽率には口にしない。慎重。

前の章「門を出でては大賓を見るが如くし」|次の章「君子は憂えず、懼れず

現代語訳・朗読:左大臣光永