過ぎたるは猶お及ばざるがごとし

子貢問、師与商也孰賢乎、子曰、師也過、商也不及、曰、然則師愈与、子曰、過猶不及也、

子貢問う、
師と商とは孰れか賢れる。
子の曰わく、
師や過ぎたり、商や及ばず。
曰く、
然らば即ち師は愈れるか。
子の曰わく、
過ぎたるは猶お及ばざるがごとし。

現代語訳

子貢が質問した。
「子張と子夏(孔子の弟子の名)では、
どちらが優れていますか」

先生がおっしゃった。
「子張は(学問・仕事などを)やり過ぎる。子夏はやり足りない」

「それでは子張が優れているのですか」

「いや、そうではない。
やり過ぎはやり足りないのと同じくらい、
ダメだ。中庸が大事だというのだ」

語句

■師 子張。 ■商 子夏。

前の章「由や堂に升れり。未だ室に入らざるなり」|次の章「吾が徒に非ざるなり

現代語訳・朗読:左大臣光永