夫の人は言わず。言えば必ず中ること有り

魯人爲長府、閔子騫曰、仍舊貫、如之何、何必改作、子曰、夫人不言、言必有中、

魯人、長府を為(つく)る。閔子騫(びんしけん)が曰わく、旧貫(きゅうかん)に仍(よ)らば、これを如何、何ぞ必ずしも改め作らん。子の曰わく、夫の人は言わず。言えば必ず中(あた)ること有り。

現代語訳

魯の役人が金品を貯える蔵を新しく作った。閔子騫が言った。「何も新しく作らなくても。古いのを修繕して使えばいいのに」先生がおっしゃった。「閔子騫は口数は少ないが、言えば必ず的確なことを言う」

語句

■魯人 魯の役人。 ■長府 金品を貯える倉。 ■旧貫 昔のままの状態。 ■夫の人 閔子騫を指す。

前の章「閔子騫、側らに侍す」|次の章「由や堂に升れり。未だ室に入らざるなり

現代語訳・朗読:左大臣光永