未だ生を知らず、焉んぞ死を知らん

季路問事鬼神、子曰、未能事人、焉能事鬼、曰、敢問死、曰、未知生、焉知死、

季路、鬼神に事(つか)えんことを問う。子の曰わく、未だ人に事うること能わず、焉(いずく)んぞ能く鬼(き)に事えん。曰わく、敢えて死を問う。曰わく、未だ生を知らず、焉んぞ死を知らん。

現代語訳

季路が、神や先祖の霊に仕えることについて質問した。先生がおっしゃった。いまだ人に仕えることもできないのに、どうしてよく神や先祖の霊に仕えることができようか。(神や霊に仕えることを考える前に、まず目の前の人に仕えることを思うべきだ)季路が言った。あえて死を問います。先生がおっしゃった。未だ生を知らないのに、どうして死を知れようか。(死のことなんか考える暇があったら、まず目の前の生きることに集中することだ)

語句

■鬼神 神や先祖の霊。

前の章「回や、予れを視(み)ること猶お父のごとし」|次の章「閔子騫、側らに侍す

現代語訳・朗読:左大臣光永