夫の人の為めに慟するに非ずして、誰が為めにかせん

顏淵死、子哭之慟、從者曰、子慟矣、曰、有慟乎、非夫人之爲慟、而誰爲、

顔淵死す。子これを哭して慟(どう)す。従者の曰わく、子慟せり。曰わく、慟すること有るか。夫(か)の人の為めに慟するに非ずして、誰(た)が為めにかせん。

現代語訳

顔淵が死んだ。先生はその死を嘆いて慟哭された。従者が言った。あの、普段落ち着いている先生が慟哭するなんて。先生がおっしゃった。慟哭していたかね。あの人のために慟哭せずして、誰のために慟哭するというんだ。

前の章「噫、天予れを喪せり」|次の章「回や、予れを視(み)ること猶お父のごとし

現代語訳・朗読:左大臣光永