弟子孰か学を好むと為す

季康子問、弟子孰爲好學、孔子對曰、有顏回者好學、不幸短命死矣、今也則亡、

季康子問う、弟子(ていし)孰(たれ)か学を好むと為す。孔子対(こた)えて曰わく、顔回なる者あり、学を好む。不幸、短命にして死せり。今や則ち亡し。

現代語訳

魯の大夫季康子が先生に質問された。お弟子さんの中で誰が学ぶことを好むといえますか。孔子が答えておっしゃった。顔回という者があり、学ぶことを好みました。不幸にして短命で死にました。今はもう弟子の中に学ぶことを好むといえる者はいません。

前の章「南容、白圭を三復す」|次の章「吾れ徒行して以てこれが椁を為らず

現代語訳・朗読:左大臣光永