車に升(のぼ)りては

升車必正立執綏、車中不内顧、不疾言、不親指、

車に升(のぼ)りては、必らず正しく立ちて綏(すい)を執(と)る。車の中にして内顧せず、疾言せず、親指(しんし)せず。

現代語訳

車に乗っては必ず正しく立って引き縄を握る。車の中で左右に頭を動かして見ない。大声でしゃべらない。直接、人を指ささない。

語句

■綏 車の中のひきなわ。衝撃から身を守るために、つかまる縄。 ■内顧 首を左右に動かして見ること。 ■疾言 大声でしゃべること。 ■親指 直接指さすこと。

前の章「斉衰の者を見ては、狎れたりと雖ども必らず変ず」|次の章「色みて斯(ここ)に挙(あが)り

現代語訳・朗読:左大臣光永