疾あるに

疾、君視之、東首、加朝服、拖紳、

疾あるに、君これを視(み)れば、東首して朝服を加え、紳を拖(ひ)く。

現代語訳

病の時に君がお見舞いに来られたら、東枕にして正式な出仕する時の朝服を着て、その上に帯を引きしいておく。

語句

■東首 東枕にする。 ■紳 帯。

前の章「君に侍食するに」|次の章「君、命じて召さば

現代語訳・朗読:左大臣光永