郷人の飲酒には、杖者出ずれば、斯に出ず

郷人飮酒、杖者出、斯出矣、郷人儺、朝服而立於阼階、

郷人の飲酒には、杖者(じょうしゃ)出ずれば、斯に出ず。郷人の儺(おにやらい)には、朝服して阼階(そかい)に立つ。

現代語訳

村の人たちで酒を飲む時は、杖をついた老人が退出してから、はじめて他の者は退出する。村の人たちでケガレを祓う祭(おにやらい)を行う時は、正式な朝服を着て、主人の立ち位置である堂の東側の階段に立つ。

語句

■郷人 村の人たち。 ■杖者 杖をついた老人。 ■儺 おにやらい。けがれを祓う儀式。 ■朝服 正式な朝廷に出仕する時の服を着る。 ■阼階(そかい)に立つ 堂にのぼる東方の階段で主人の位置。

前の章「席正しからざれば、坐せず」|次の章「人を他邦(たほう)に問えば、再拝してこれを送る。

現代語訳・朗読:左大臣光永