斉すれば必らず明衣あり

齊必有明衣、布、齊必變食、居必遷坐、

斉(ものいみ)すれば必らず明衣(めいい)あり、布なり。斉すれば必らず食を変じ、居は必らず座を遷す。

現代語訳

神を祭るために身を清める「ものいみ」では、必ずものいみ用の衣を着て、その衣は布製の質素なものとする。ものいみとなると、必ず普段とは違う質素な食事をし、必ず住まいも移る。

語句

■斉 ものいみ。神を祭るためのみそぎ。身を清めること。 ■明衣 ものいみ用の衣。 ■布

前の章「君子は紺シュウを以て飾らず」|次の章「食は精を厭わず

現代語訳・朗読:左大臣光永