朝にして下大夫と言えば、侃侃如たり

朝與下大夫言、侃侃如也、與上大夫言、誾誾如也、君在、踧踖如也、與與如也、

朝にして下大夫(かたいふ)と言えば、侃侃如(かんかんじょ)たり。上大夫と言えば、誾誾如(ぎんぎんじょ)たり。君在(いま)せば踧;踖如(しゅくせきじょ)たり、与与如たり。

現代語訳

先生は朝廷で下級の大夫と話される時は、なごやかであられた。上級の大夫と話される時は慎み深くあられた。君がまします時はうやうやしい態度であったが、同時にゆったりしておられた。

語句

■下大夫 下級の大夫。 ■上大夫 上級の大夫。 ■侃侃如 なごやか。 ■誾誾如 つつしみ深い。 ■踧;踖如 うやうやしい。 ■与与如 ゆったりした態度。

前の章「孔子、郷党に於いて恂恂如たり」|次の章「君、召して擯たらしむれば

現代語訳・朗読:左大臣光永