過てばすなわち改むるに憚ることなかれ

子曰、主忠信、無友不如己者、過則勿憚改、

子の曰わく、
忠信を主とし、己れに如かざる者を友となること無かれ。
過てば則ち改むるに憚ること勿かれ。

現代語訳

先生がおっしゃった。
「忠と信とを第一にして、自分より劣った者を友にするな。
失敗したら迷わず改めなさい」

前の章「法語の言は、能く従うこと無からんや」|次の章「匹夫も志を奪うべからざるなり

現代語訳・朗読:左大臣光永