譬えば山を為るが如し

子曰、譬如爲山、未成一簣、止吾止也、譬如平地、雖覆一簣、進吾往也、

子の曰わく、譬えば山を為(つく)るが如し。未だ一簣を成さざるも、止むは吾が止むなり。譬えば地を平らかにするが如し。一簣を覆すると雖ども、進むは吾が往くなり。

現代語訳

先生がおっしゃった。たとえば山を作るようなものだ。もう一籠土を盛れば山ができるというのに、そこで止めてしまう。止めてしまうのは、自ら止めるのだ。人に強制されたり何かではない。たとえば土地を平らに地ならしをするようなものだ。一籠の土をこぼせば、それはたった一籠だといっても、それだけ仕事が進んでいるわけだ。進めるのは自分が進めるのだ。(止めるのも進めるのも、結局自分次第ということだ)

語句

■一簣 一籠。 ■覆す こぼす。くつがえす。

前の章「吾れ未だ徳を好むこと色を好むが如くする者を見ざるなり」|次の章「これに語げて惰らざる者は、其れ回なるか

現代語訳・朗読:左大臣光永