これを沽らんかな

子貢曰、有美玉於斯、韞匵而藏諸、求善賈而沽諸、子曰、沽之哉、沽之哉、我待賈者也、

子貢が曰わく、斯(ここ)に美玉あり、匵(ひつ)に韞めて諸(こ)れを蔵せんか、善賈(ぜんこ)を求めて諸れを沽(う)らんか。子の曰わく、これを沽らんかな、これを沽らんかな。我れは賈を待つ者なり。

現代語訳

子貢が言った。ここに美しい玉があります。櫃に収めてこれをしまっておきましょうか。よい買い手を求めてこれを売りましょうか。先生がおっしゃった。これを売ろうよ。これを売ろうよ。私は、買い手を待っている者なのだ。

語句

■美玉 孔子の道徳・才能のたとえ。

前の章「子の疾、病なり。子路、門人をして臣たらしむ」|次の章「君子これに居らば、何の陋しきことかこれ有らん

現代語訳・朗読:左大臣光永