子、斉衰の者と冕衣裳の者と瞽者とを見れば

子見齊衰者、冕衣裳者、與瞽者、見之雖少必作、過之必趨、

子、斉衰(しさい)の者と冕衣裳(べんいしょう)の者と瞽者(こしゃ)とを見れば、これを見ては少(わか)しと雖ども必らず作(た)ち、これを過ぐれば必らず趨(はし)る。

現代語訳

先生は、喪服を着ている者と貴人の礼服を着ている者と盲人とを見れば、相手が年少者でも立ち上がって礼をし、通り過ぎる時は必ず小走りになって、敬意を表した。

語句

■斉衰の者 喪服を着ている者。 ■冕衣裳の者 貴人の礼服を着けた者。冕は冠。衣は上半身に着るもの。裳は下半身に着るもの。 ■瞽者 盲人。 ■趨る 小走りに行くこと。

前の章「鳳鳥至らず、河、図を出ださず」|次の章「顔淵、喟然として嘆じ曰わく

現代語訳・朗読:左大臣光永