子、罕に利を言う、命と仁と

子罕言利與命與仁、

子、罕(まれ)に利を言う、命(めい)と仁と。

現代語訳

先生は利益のことは滅多に語られなかった。たまに利益を語られる時は、運命とか仁と結び付けて語られた。

「先生は利益と運命と仁のことは、稀にしか語られなかった」とする説も。

語句

■利 利益。 ■命 天が人間に与えた生死禍福などの運命。■仁 善なる徳。 

前の章「禹は吾れ間然すること無し」|次の章「吾れは御を執らん

現代語訳・朗読:左大臣光永