如し周公の才の美ありとも

子曰、如有周公之才之美、使驕且吝、其餘不足觀也已、

子の曰わく、如(も)し周公の才の美ありとも、驕り且つ吝(やぶさ)かならしめば、其の余は観るに足らざるのみ。

現代語訳

先生がおっしゃった。もし周公のような豊かな才能があったとしても、その才能を誇り、他人の長所を認めないならば、才能の根本である徳が無いのだから、その他の個々の才能がどれほどあったとしても、何の価値も無い。

語句

■周公 魯の開祖。周公旦。周の文王の子。武王の弟。武王を助けて殷王朝を滅ぼし,武王の死後は幼い成王の摂政を勤めた。 ■驕る その才に誇る。 ■吝 他人の長所を認めない。

前の章「勇を好みて貧しきを疾むは、乱なり」|次の章「三年学びて穀に至らざるは、得やすからざるのみ

現代語訳・朗読:左大臣光永