任重くして道遠し

曾子曰、士不可以不弘毅、任重而道遠、仁以爲己任、不亦重乎、死而後已、不亦遠乎、

曾子の曰わく、士は以て弘毅ならざるべからず。任重くして道遠し。仁以て己れが任と為す、亦た重からずや。死して後已む、亦た遠からずや。

現代語訳

曾子が言った。道に志す者は心が広くて強くなくてはならない。なぜなら仁という重い荷物をしょって遠い道を行くことになるからだ。仁を自分の任務とする。なんと重いことではないか。死ぬまで仁を背負っていく。何と遠いことではないか。

語句

■士 道に志す者。 ■弘毅 「弘」は心が広いこと。「毅」は心が強いこと。

前の章「以て六尺の孤を託すべく、以て百里の命を寄すべく」|次の章「詩に興り、礼に立ち、楽に成る

現代語訳・朗読:左大臣光永