我れに数年を加え、五十にして以て易を学べば

子曰、加我數年、五十以學易、可以無大過矣、

子の曰わく、我れに数年を加え、五十にして以て易を学べば、大なる過ち無かるべし。

現代語訳

先生がおっしゃった。私にあと数年の寿命を加えて五十にして易を学ばせてくれるなら、天地間の道理を悟ることができ、大きな過ちをしなくなるだろう。

語句

■易 易経。書物の名。しかし孔子の時代に『易経』はなかったのでおかしいという説も。

前の章「疏食を飯い水を飲み、肱を曲げてこれを枕とす」|次の章「子の雅に言うところは

現代語訳・朗読:左大臣光永