喪ある者の側らに食すれば、未だ嘗て飽かざるなり

子食於有喪者之側、未嘗飽也、子於是日也哭、則不歌、

子、喪ある者の側らに食すれば、
未だ嘗て飽かざるなり。

子、是の日に於いて哭すれば、
則ち歌わず。

現代語訳

先生は、親類を喪った人のそばで食事する時には
腹いっぱいは召し上がらなかった。

葬式で声を上げて泣いたその同じ日には、
歌わなかった。

前の章「憤せずんば啓せず」|次の章「暴虎馮河して死して悔いなき者は、吾れ与にせざるなり

現代語訳・朗読:左大臣光永