憤せずんば啓せず

子曰、不憤不啓、不非不発、挙一偶不以三隅反、則不復也、

子の曰わく、
憤せずんば啓せず。
非せずんば発せず。
一隅を挙げてこれに示し、
三隅を以て返えらざれば、
則ち復たせざるなり。

現代語訳

先生がおっしゃった。
わかりたくてわかりたくて
悶え苦しんでいるようでなければ
こちらから指導はしない。

理解したことを言葉にしたくて、
でもできなくて、
もがき苦しんでいるようでなければ、
こちらからは教えない。

一つ教えると三倍の質問や疑問が
返ってくるようでなければ、
再びは教えない。

語句

■憤する わかりたいがわからずに悶え苦しむ。 ■非する 理解したことを言葉にするができなくて、もがき苦しむ。

前の章「束脩を行うより以上は」|次の章「喪ある者の側らに食すれば、未だ嘗て飽かざるなり

現代語訳・朗読:左大臣光永