吾れ複た夢に周公を見ず

子曰、甚矣、吾衰也、久矣、吾不復夢見周公也、

子の曰わく、
甚だしいかな、吾が衰えたるや。
久し、吾れ複た夢に周公を見ず。

現代語訳

ひどいもんだよ。私の衰えは。
もう夢に周公を見なくなって長いからなあ。

語句

■周公 古代周王朝の政治家。姓は姫(き)。名は旦(たん)。魯の建国につくした一人。文王の子。武王の弟。孔子が徳の手本としてあこがれていた人物。

前の章「子の燕居、申申如たり」|次の章「道に志し、徳に依り、

現代語訳・朗読:左大臣光永