徳の脩めざる、学の講ぜざる、

子曰、徳之不脩、學之不講、聞義不能徙、不善不能改、是吾憂也、

子の曰わく、
徳の脩(おさ)めざる、学の講ぜざる、
義を聞きて徙(うつ)る能(あた)わざる、
不善の改むる能わざる、
是(これ)吾が憂いなり。

現代語訳

先生がおっしゃった。
道徳から外れる、学問を習わない、
正しいとわかっているのに行動しない、
欠点を改めない、
こんな者になるのが、私の心配事だ。

語句

■徳 仁義礼智の徳 ■修める 徳を全うすること。 ■学 詩書礼学のたぐい。

前の章「黙してこれを識し、学びて厭わず、」|次の章「子の燕居、申申如たり

現代語訳・朗読:左大臣光永