述べて作らず

子曰、述而不作、信而好古、竊比於我老彭、

子の曰わく、述べて作らず、信じて古えを好む。窃(ひそ)かに我が老彭に比す。

現代語訳

先生がおっしゃった。
「私は昔の人の言動をそのまま伝えているだけで、
自分で何かを創作しているわけではない。

古い時代のことを信じ、好んでいるからね。

こういう自分の姿勢を、ひそかに
古の賢者とも比べているんだよ」

中島敦の小説「李稜」の中で、主人公の一人司馬遷がこの言葉を引用します。

語句

■述べる すでにあることを受け伝えること。 ■作る 新たに創作すること。 ■老彭 ろうほう。殷の時代の賢者の名前?諸説あり。

前の章「尭舜も其れ猶お諸れを病めり」|次の章「黙してこれを識し、学びて厭わず、

現代語訳・朗読:左大臣光永