中庸の徳たるや、其れ至れるかな

子曰、中庸之爲徳也、其至矣乎、民鮮久矣、

子の曰わく、中庸の徳たるや、其れ至れるかな。民鮮(すく)なきこと久し。

現代語訳

先生がおっしゃった。中庸の徳はいかにも最上だね。しかし民の間に中庸が行われなくなって、久しい。(嘆かわしいことだ)

語句

■中庸 極端に走らず、ほどよく中ほどで調和していること。

前の章「予が否き所の者は、天これを厭たん」|次の章「尭舜も其れ猶お諸れを病めり

現代語訳・朗読:左大臣光永