斉、一変せば魯に至らん

子曰、齊一變至於魯、魯一變、至於道、

子の曰わく、斉、一変せば魯に至らん。魯、一変せば道に至らん。

現代語訳

先生がおっしゃった。斉はひたすら功名を追う物質主義的なところを改めれば、今の魯くらいにはなるだろう。今の魯が一変して衰えた先王時代の国風をよみがえらせるなら、理想的な道徳のある国になるだろう。

語句

■斉 孔子のいた魯の隣の国。このころ巧妙を求める風ばかりがさかんになり、孔子から見ると先王太公の頃の、徳をもった国風とはまるで違ってきており、堕落して見えたらしい。 ■魯 孔子の国。先王周公の時代の道のある国風とまではいかないが、孔子から見るとまだ徳が残っており救いようがあると見られた。 ■道 道徳のある理想的な政治が行われていること。

前の章「知者は水を楽しみ、仁者は山を楽しむ」|次の章「觚、觚ならず。

現代語訳・朗読:左大臣光永