仁者は難きを先にして獲るを後にす

樊遅問知、子曰、務民之義、敬鬼神而遠之、可謂知矣、問仁、子曰、仁者先難而後獲、可謂仁矣

樊遅(はんち)、知を問う。子の曰わく、民の義を務め、
鬼神を敬して之を遠ざく、知と謂うべし。

仁を問う。曰わく、仁者は難きを先にして
獲るを後にす、仁と謂うべし。

現代語訳

樊遅が知について質問した。
先生はおっしゃった。

「人としてすべきことをし、
鬼神を敬ってむやみに近づかない。
こういう態度を知というのだ」

仁について質問した。

「仁者は難しいことを先に済ませてしまって、
利益を得るのは後にする。
こういう態度を仁というのだ」

語句

■樊遅 孔子の門人。名は須。

前の章「中人以上には、以て上を語ぐべきなり」|次の章「知者は水を楽しみ、仁者は山を楽しむ

現代語訳・朗読:左大臣光永